スポンサード リンク
犬や猫にも口内炎はできますか?

犬や猫にも口内炎はできますが、犬よりも、猫のほうが、口内炎を発症することが多いです。犬の口内炎の原因は、「系統性口内炎」、「壊死性口内炎」、「潰瘍性口内炎」の3つに分かれます。レプトスピラ病や糖尿病、腎臓病、ビタミン欠乏症などの全身の病気によって起こるのが「系統性口内炎」です。「壊死性口内炎」は、歯周病による歯肉炎からくる口内炎です。「潰瘍性口内炎」は、身体の免疫が弱くなった時に、細菌感染を起こすことで発症します。犬の口内炎の治療は、基礎疾患があれば、基礎疾患の治療をおこない、口内炎には、抗生物質や痛み止めの薬を使います。

犬が口内炎になった場合、口の中を前足で引っかく仕草をしたり、よだれをたらしたり、食欲不振や口臭が出たりします。猫の口内炎は、慢性になることが多く、動物病院に通院する理由として多くあげられる病気です。猫の口内炎の原因は、口の中に傷ができることや、アレルギー、歯石などですが、猫白血病や猫エイズなどのウィルス感染や糖尿病が原因で起こる口内炎が、多くみられます。口内炎の治療は、治る病気が原因であれば、病気の治療をおこない、口内炎の治療には、抗生物質や痛み止め、ビタミン剤などを使います。

猫が口内炎になった場合、犬と同じように、前足で口を引っかくようにしたり、よだれが多い、食欲不振、口臭があるなどの他にも、口や顔全体が腫れてしまうなどの症状があります。食事をする時、口の中は痛いのですが、空腹のため、食事を口に入れる→痛みによって首を振ったり、悲鳴を上げたりする→また食べる…という行動を繰り返し、飼い主が不思議に思って病院に連れて行き、診察時に口の中をみて、初めて口内炎があることを知るというケースが多くみられます。猫の口内炎は、慢性化することが多く、特に、猫白血病や猫エイズは、一度かかると治りませんので、口内炎の薬を一生続けなければならないこともあります。また、食事を充分に摂ることができないので、体力の弱い猫や老猫が口内炎にかかると、命にかかわることもあります。

犬も猫も、口内炎になると、口の中の痛みによって、食事を受け付けなくなる場合があります。缶詰のウェットフードを与えたり、ドライフードを水でふやかし、やわらかくして与えるなど、口の中を刺激しないよう工夫しましょう。また、工夫をしても、食事を受け付けない場合は、動物病院で栄養剤入りの点滴をしてくれますので、早めに動物病院で診察してもらいましょう。

口内炎でお悩みの方へ
日本の名医50人にも選ばれた福辻鋭記が、今まで明かされなかった口内炎の根本治療法を初公開!この治療法は、ビタミン剤を飲まなくても、ぬり薬を付けなくても口内炎を克服でき、しかも再発することもありません。体質よりも食事よりも大切な事とは?
口内炎の原因と治療ガイド 新着情報

口内炎についてご紹介します。口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症です。これらをまとめて「口内炎」といいます。口内炎には、いろいろな種類がありますが、アフタ性口内炎が一般的だといわれています。アフタ性口内炎は、表面が白っぽく窪みがあって周りが赤い円形または楕円形の潰瘍です。そして、痛みを伴い、一度に1個~数個くらいできます。その他にも、口の中で、歯ぐきなどが赤く腫れてしまったり、水ぶくれができる水泡や皮膚がただれてしまうびらん、アフタ性口内炎のような潰瘍、炎症部分を白色や黄白色の膜が覆う偽膜などができたりします。

口内炎は、口の中の粘膜であれば頬の内側や唇の内側、歯ぐき、舌というようにどの部分にでもできます。乳幼児から高齢者まで幅広く発症してしまい、原因は、口の中を誤って噛んでしまったり、体力の低下やビタミンなどの栄養不足、口腔内が不潔であるなどが考えられます。その中には、ウィルスやカビやアレルギーなどが原因の口内炎もあります。口内炎は、痛みを伴ってしまうため飲食や会話など、日常生活に必要なことに不快を感じることがあります。食事や飲み物を摂るときに、しみたりして、その場所によっては、会話などで口を動かす度に痛みを感じてしまい出血することもあります。

ほとんどの口内炎は、1週間から2週間ほどで治ります。しかし、辛い症状なので、発症しないように、予防することが大切です。口内炎を予防するためには、口の中を清潔に保つようにして口の中を硬い歯ブラシなどで傷つけないように気をつけます。規則正しい生活をして、ストレスをためないように心がけましょう。また栄養バランスのとれた食事も大切ですので、特に、ビタミンB群やビタミンCを多く摂るようにしましょう。

口内炎関連ニュース